グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  入試情報  > 高等学校等就学支援金制度


入試情報

高等学校等就学支援金制度

高校生等への修学支援ための国の制度について紹介します。

高等学校等就学支援金制度について


高等学校就学支援金制度は授業料負担に対する支援として月額9,900円(年額?118,800円)を国から学校が生徒本人に代わり受け取りをして授業料に充てる制度です。平成26年度からは保護者(父母等)の「市町村民税所得割額」の合算が304,200円未満の世帯に支給されます。
さらに、「市町村民税所得割額」の合算額によっては加算支給されます。

※加算支給について
私立高等学校、私立中等教育学校の後期課程、私立特別支援学校、国立・公立・私立高等専門学校、公立・私立専修学校、私立各種学校については、世帯の収入に応じて、月額9,900円を1.5~2.5倍した額が支給されます。具体的には、下記のとおりです。


年収250万円未満程度(市町村民税所得割 非課税)の世帯年額29万7,000円(2.5倍)
年収250~350万円未満程度(市町村民税所得割額 5万1,300円未満)の世帯年額23万7,600円(2.0倍)
年収350~590万円未満程度(市町村民税所得割額 15万4,500円未満)の世帯年額17万8,200円(1.5倍)


授業料減免制度について


前項の加算支給対象者のうち、2倍支給と2.5倍支給の対象には県の減免制度も適用され、授業料の保護者負担はなくなります。
また、交通遺児・就学援助や児童扶養手当を受けている世帯・災害等により住宅に損害を受けた世帯・当該年度において家計が急変した世帯等に該当する場合は、授業料の一部を免除する制度があります。


文部科学省発行リーフレット




詳しくは下記のリンク先(文部科学省該当ページ)をご覧ください。


高校生等への修学支援