グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  教育の特色  > 男女別学


教育の特色

男女別学

女子校ならではの学びがあなたの力を伸ばす。

男女別学は、近年、米国や英国でもその教育的な効果が見直されています。
多感な十代に異性の目を気にせず、のびのびと自分らしく輝けるのが西遠です。女子の心の成長に合わせた教育カリキュラムが設計されています。


1. 男女の特性の違いに応じた教育


 一般的に、男子は競争が好き、女子は協力が得意といった性格の違いがあります。また、男子には命令口調で大きな声で、女子には穏やかな声で指導する方が良いといわれています。男女それぞれが興味を示す教材も違います。さらに、成長期の男女では心身の成長のペースが異なります。そのような男女の「違い」に対応するために、別学にはメリットが多くあります。


2. 異性の目を気にしないで、のびのびできる


安心感があり、素の自分を表現しやすいため、失敗を気にしないで質問や発表ができます。思春期の多感な時期に異性の目を気にしないで学習や行事に集中して全力で取り組むことが出来ます。


3. 男女ともに主役になれる


ジェンダー(社会的性別観)に関する「学校教育の隠れたカリキュラム」から自由です。男子がいると譲ってしまいがちな、リーダーシップを発揮したり力仕事を担ったりという場面でも、主役になる機会が多く巡ってくるように西遠の教育カリキュラムは設計されています。自分でも気付かなかった幅広い可能性が開発されていきます。


4. 教師がサポートしやすく模範になる


女性教諭が多く、思春期ならではの生徒の揺れる心や悩みに対しても同性として理解・共感し、的確な助言ができるなど、こまやかな教育支援が可能です。西遠では校長も女性であり、女性教諭も校務分掌上重要なポストに就いています。男女共同参画社会の小さなモデルとしても、身近な模範となる大人としても、将来のキャリアイメージをしやすくなります。男性教諭も女子教育のプロジェッショナルが揃っています。


5. 男女別学の結果として学力が向上する


以上の男女別学の利点を合わせた結果として、学力面での高い効果が期待できます。実際に、国内外の進学実績の高い学校は男女別学校が多く存在しています。