グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  高校の教育

高校の教育


変化する大学入試に対応、特進クラスがスタートしました。
希望の進路を実現します。

知識重視から、思考力・判断力・表現力を問う大学入試へ。
西遠では、平成29年度より高校の学習指導プログラムを刷新しました。
特進クラスの導入を核として、変化する大学入試にも対応できるクラス編成を行い、きめ細かいカリキュラムを提供します。
POINT1
練り上げられた
進学指導プログラム
POINT2
教員チームによる
支援体制
POINT3
認め合った仲間と
乗り越える受験

高等学校クラス編成

特進クラス選抜方法

高校1年の特進クラス希望者は、高校受験入学生も内部進学生も共通の入学試験を受験します。

コース編成方法

高校2年進級時に学力と進路希望等により再編成したクラスで、安心して受験を闘います。

特進・進学クラスの特色

特進クラスは、勉強で全国大会を目指すクラスです。独自のシラバスで進度・深度の高い授業を実現します。各種講習をはじめ、豊富な演習時間が用意されています。難関大学に在籍している卒業生と共に生活会館に合宿し、学習方法や大学生活のアドバイスを受けることができます。
進学クラスは、勉強も部活も頑張りながら希望の進路を実現するクラスです。難関私立大学の進学説明会をはじめ、進路選択の幅を広げるプログラムがあります。また、苦手科目も基礎から丁寧に学習することができます。
いずれのクラスも、教員がチーム体制で学習・進学指導を行います。学校行事も含めて級友との信頼関係を強固にして「クラスの力」で受験に立ち向かう西遠スタイルが確立されています。

高校からの入学でも安心

フォローアッププログラム

高校から入学したみなさんが、不安に感じる授業進度。フォローアッププログラムでは、高校入学生を対象として、英語は9月まで少人数クラスによる特別授業を行います。国語では、古典の基礎文法を分かりやすく解説します。数学はオリジナル問題を使って理解できるまで丁寧に指導します。

男女別学での学力向上

男子に比べて、女子が苦手意識を持ちやすい数学も、女子の特性に合わせた指導で成績が伸びます。過去2年間の高校入学生の対外模試データをみると、数学を受験で使う生徒の89%が偏差値を伸ばしています。「中学の時には理系なんて考えたこともなかったけれど、数学が面白いと思えるようになりました。」という声も聞かれます。

一ヶ月たたないうちに不安は消えました。

伊藤 由香さん

高校からの入学でうまくやっていけるのかという不安は、一ヶ月たたないうちになくなりました。
戸惑っていると助けてくれる同級生、質問すると笑顔で応えてくださる先生方。補習をはじめとする先生方の熱心な指導のおかげで、今は自分の中の可能性をもっと広げられると感じています。
3年間で様々な人と関わり、支え合いながら、一人の女性としての生き方・あり方を見つけていきたいと思います。

チームメイトもクラスメイトも、とても親しみやすいです!

渥美 七海さん

中学時代からバレーの練習試合で西遠にはよく来ていました。
入学して感じたのは、先輩も同級生も想像以上に親しみやすいということ。当番の時に「お疲れ様!」と皆が声を掛けてくれるので、嬉しかったです。
先生方も明るい先生が多いです。
フォローアッププログラムがあったので、勉強面での不安も消えました。パフォーマンス大会の練習も始まり、当日が楽しみです。

平成30年度高校募集の募集要項および入学試験に関する情報をご紹介します。


学費に関する情報をご紹介します