■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■最新記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■閲覧用ログイン■
現在のモード: ゲストモード
閲覧用ID:
閲覧用PW:
■投稿用ログイン■
投稿用ID:
投稿用PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■その他■

ちょっとした出会い
昨日は、代休でしたが、オオバは静岡への出張がありました。
会議が終わり、15時過ぎ。
学校がないから、すぐに戻らなくてもいいので静岡でたまには買い物しようかな、と思って某デパ地下に行きましたところ、突然後ろから「オオバセンセイ!」と声を掛けられたのでありました。
びっくり!
振り向くと、お店のユニフォームをまとった66回生のKさんがニコニコ。
バイト中の彼女が、私を見つけて声を掛けてくれたのでした。
私もびっくりしましたが、彼女もまさか浜松の人間がここを通るとは、目を疑ったことでしょう。
不慣れな店内で、「そのお店なら、ここをまっすぐ行って…」と道案内までしてくれたKさん、ありがとう!
就職も決まったという嬉しい報告もしてくれて、とっても頼もしかったです。
思いがけないところで卒業生に出会うことがありますが、声を掛けてくれるととても弾んだ気持ちになります。
それが頑張っている姿であれば、なおさら幸せな気持ちになるものですね。

さて、こんなこともありました。
新幹線で浜松に戻り、駅構内のお店に寄ってレジに並んでいましたら、
前のお客様が去った後の荷物机に、新幹線の切符が一枚。
「あ、この切符、忘れ物!」
と店員さんに言いましたら・・・、
店員さん、さすが速いですね。
私の声を聞くが早いか、レジを飛び出し、去りゆく女性に後ろから
「お客さん!切符忘れませんでしたか!?」
と叫ぶ。
後ろ姿のお客さん、すかさず振り向き「忘れました!」と答える!
かくて、最短時間で切符は持ち主の元に戻りました。
「お客さん、ありがとうございました!」と店員さんに言われて、まんざらでもなく…笑。

次に寄ったのが、郵便局。
列で待っていて、切手を数種類買いました。
お金を払って、レシートとお釣りをもらって、切手ももらって、ハイ、鞄に入れました。
窓口を後にした途端、
「お客さん!」
と呼び止められました。
「え?」・・・ちゃんと切手も財布も入れたよ、と瞬時に頭は回転。
そしたら、局員さん、「カギ!カギ!」
あ・・・、車のキーをカウンターに残してました!
「お客さん、キー忘れたら、家に帰れないですよ」
「ですよねー!」
と、今度は声かけていただいたことに感謝しながら、無事、マイカーに乗り、家に帰ることができました!笑

情けは人のためならず、と言いますが、
声掛けて良かった、
それ以上に声掛けていただいて、ホントに良かった!!
うっかりしてるのは、他の誰かさんだけじゃないんですよね。
気をつけなくては!
反省、反省。

と、いろいろあった月曜休日だったのでした。



さて、素敵な本に出会いましたので、その紹介も。
「お菓子の包み紙」という本です。
作者は甲斐みのりさん。
お菓子屋さんの包装紙や紙バック、捨てられないようなキレイなものがたくさんありますが、
そんな包み紙を集めて、本にして紹介してくれたのがこの本です。
北海道から九州まで、たくさんのお店の包装紙が紹介されています。
そして、何と、カバー包装紙が・・・
まるたやさん!! →こちらでご確認くださいね。

机の上に置いておくと、まるたやさんの黄色基調の包装紙が私を呼んでる気がします。
ケーキにあげ潮、食べたくなっちゃいますね。
夢のいっぱいつまったこの本、見るたび開くたびにお腹が空くのは私だけでしょうか…。



| 雑感 | 06:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
沖縄慰霊の日に
梅雨の晴れ間の今日6月23日は、沖縄慰霊の日です。
今から72年前、沖縄戦で20万人以上の住民の方々が亡くなりました。
8月6日、9日、15日と並んで、今日6月23日を忘れてはならないと思います。

今日、私はちょうど出張からの帰路、カーラジオで、慰霊式典の中継を聞くことができました。
翁長沖縄県知事の「平和宣言」に続いて行なわれたのは、高校生による詩の朗読でした。

「誓い~私達のおばあに寄せて」という詩を書き、静かに朗読したのは、宮古高校の上原愛音さんという女生徒。
西遠の生徒たちと同世代の高校生が書きあげた詩は、かなりの長編でした。
沖縄戦の悲劇を聞き、調べ、詩に昇華させた彼女の卓越した表現力に感嘆しながら、
私はラジオに耳をすましていました。

おじいやおばあが、戦争中どんな悲惨な体験をしたのかということを、自分の今朝の朝食の幸せから想像し、再び現代の沖縄に視線を戻し、沖縄戦を「脈々と流れ続ける確かな事実」として、平和を希求する思いを継承しようと誓う・・・。
彼女の一言一句を噛みしめるように読む声に引き込まれました。

詩の終盤、彼女は、「おばあ だいじょうぶだよ」「おじい だいじょうぶだよ」と語りかけました。
聞いていて、涙がこぼれそうでした。

ニュースでは、もしかしたら彼女の詩は紹介されないかもしれない、
紹介されても一部しか放映されないでしょう。
ぜひ、新聞で、インターネットで、彼女の詩の全編を読んでほしいと思います。
幸運にも私は、ラジオの中継でそれを全編聞くことができました。
平和を誓う10代の力強い詩に、心から感銘を受けました。

学校へと向かう車窓、アジサイやアガパンサスの花を見かけ、
こうして花が咲き、それを眺められることも、平和だからこそなのだと思いました。

西遠でも、戦争について調べ、平和について考える機会があります。
これは、終戦から72年が経った現代において、珍しいことなのかもしれません。
8月15日が何の日であるのかさえ知らない若者もいると聞きます。

しかし、全国には、沖縄戦の悲劇を語り継いでいこうと訴える沖縄の高校生も、
広島や長崎で原爆の悲惨さを訴える活動を継承する高校生もいます。
平和を想う若者たちが、ここにもいる…
今日は、平和の継承を力強く誓う高校生の詩に、大いに励まされました。
そして、西遠の生徒たちにも、
浜松の空襲のこと・西遠の先輩の殉難のことだけでなく、
広島・長崎・沖縄・そして世界で起こった様々な悲劇について、
しっかりと学び、考えていってほしいと、改めて思いました。




| 雑感 | 07:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
香りの博物館へ
磐田市香りの博物館は、天竜川のすぐ東側、私の自宅からはほんの10分ほどで行ける、私にとって一番近い博物館です。
先週、秋野不矩美術館で、香りの博物館の『星野富弘 花の詩画展」のポスターを見て、展覧会を知りました。
最終日の今日、駆けつけることができて、幸運でした。



空から雨が落ち始めた日曜の昼。
今まで何度か訪ねた博物館ですが、駐車場がいっぱいになっていたのは初めて。
星野富弘さんの絵に会いに、たくさんの方が訪ねてきていたのです。



星野富弘さんは、中学校の体育の教師になってすぐ、模範演技中のけがで首から下の自由を失いました。
9年間の入院の間に、口に筆を加えて花の絵を描き始めました。
それらの絵が、たくさんの人の感動を誘うようになったのでした。

見舞ってくれたお友達へのお礼の手紙の余白を埋めようと絵を加えたのが始まりだそうですが、
その絵の優しさ、添えられた言葉の温かさに、とても惹かれます。
ゆっくりと一枚一枚の絵と言葉に触れ、心が清められるひとときを過ごしました。
荒い言葉で、いらいらした態度で、たくさんの人を傷つけてきたことを、星野さんの詩画の前で反省します。



私が花の名前に興味を持ち始めたのも、星野さんの絵と言葉からだったように思います。
今日も花たちにたくさん出会えました。
これから出会う花を見る時、私の心の中にまた星野さんの詩が一緒に甦るのだろうなあと、ふと思いました。

| 雑感 | 02:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
パンダ誕生のニュースから
上野動物園のパンダに赤ちゃん誕生!
このニュースが昨日から日本列島を駆け巡っていますね。
明るいニュースはやはり嬉しいものです。

でも、…と考えてしまうのは、
5月末に高校講堂朝会で話したことが原因かもしれません。

5月27日の講堂朝会では、「どんな大人になりたいか」というタイトルで高校生の皆さんにお話をしました。
その時、旭山動物園の坂東園長さんの話題を取り上げました。
インタビューで坂東さんが言った言葉に、いろいろ考えさせられたからです。
旭山動物園は、行動展示で知られる人気動物園ですが、
ずっと掲げ続けているのは「伝えるのは、命」という考え方です。
命を軽視する風潮の中で、自然界の命の循環や「他者の命をもっと尊重すべきだ」ということを伝えたいのだと、坂東さんは語りました。

そして、「命に軽重はない」というお話の中で出てきた言葉が「客寄せパンダ」という言葉でした。
「客寄せパンダ」という言葉を、私も長いこと何の気なしに使っていましたが、このインタビュー記事を読んだ後は使えなくなりました。
人気者のパンダは、お客を呼ぶための「すごい動物」で、
では、動物園にいる他の動物は「すごくない」のか?
いや、パンダがすごくて、アザラシがすごくないわけがない。
行動展示で、アザラシの生態を余すところなく見せることで、旭山動物園のアザラシは人気者になりました。
アザラシだけではありません、それぞれの動物の行動をどう見せるか、旭山の皆さんはそれを真剣に考えました。
なぜなら、動物の命に軽重はないから。
どの動物も、大事な一つの命をもって生まれ、動物園に今いるからです。
旭山動物園の掲げる「伝えるのは、命」というポリシーを尊く思います。

今、パンダの赤ちゃん誕生で、テレビでは、「経済効果がいくら・・・」などとお金の話題が出ています。
報道機関が伝えるのは、命じゃなくて、お金なのでしょうか。
パンダは絶滅が危惧されている動物です。
その種に赤ちゃんが誕生したということは、とても嬉しいニュースです。
それを、いくら儲かるか、という話にしてしまうのは、命の軽視につながるように思えてなりません。

以前、小惑星探査機「はやぶさ」が、使命を終えて地球に辿り着き、燃え尽きていく映像を見て、幼い子供たちが涙を流したと報じられていました。
幼いながらも、「命」を感じて子どもたちは泣いたのでしょう。
子どもはそういう感性を持っています。
それを育むのも大人、歪めるのも大人です。

講堂朝会で私は高校生に「どんな大人になりたいですか?」と聞きました。
職業ではなく、「何を大切に考える大人になりたいですか」と。

動物園で「ホッキョクグマがダイブしないのは詐欺だ!」とクレームをつける大人なのか。
アザラシに見入る子供たちに「ここにはラッコはいないんだって」と言い捨てる大人なのか。

今、ニュースに出てくる大人たちは、道徳的に見て、必ずしも「良き先達」「尊敬すべき人」と言える人達ばかりではありません。
報道の仕方も、パンダのニュースが一例であるように、子どもたちに「良い考え方」を与えているとは思えないこともしばしばあります。
それはとても悔しいことです。

しかし、私は思います。
どんな大人になるかは、きっと今10代の間に培われていると。

西遠の生徒は、「典雅 荘重」の校訓の下で、日々学び、成長しています。
学習面だけでなく、強く、正しく、美しく生きることを、知らず知らずのうちに、価値観として育んでいるはずです。
価値観や人生観、道徳観など、西遠での2000日が作り上げた精神的土台は、
巣立って行った後も、西遠の生徒たちをずっと支えていくものだと思います。

「どんな大人になりたいか」
その答えを、高校生は「集会記録」に書いて提出してくれました。
今、一人一人に返事をしたためながら、
今週の講堂朝会の準備をしています。

パンダ誕生のニュースから、思ったことを綴りました。
坂東園長さんのインタビューは、AIRDOのサイトで見られます。→こちら

| 雑感 | 06:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
立待月
今夜は「立待月」です。
大河ドラマが終わり、午後9時を過ぎて、姿を現しました。


ジャカランダの葉の向こうに、立待月。

だんだん右上が欠けてきます。


明日は「居待ち月」、明後日が「寝待ち月」。
月の出はどんどん遅くなります。
明日は座って待ちましょうか。

| 雑感 | 09:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑