■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
■最新記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■閲覧用ログイン■
現在のモード: ゲストモード
閲覧用ID:
閲覧用PW:
■投稿用ログイン■
投稿用ID:
投稿用PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■その他■

戦争を語り継ぐ
今日は4月30日。
72年前のこの日、浜松で何があったのか、ご存知でしょうか。

今から72年前の1945年4月30日、浜松に空襲がありました。
西遠女子学園の先輩たちが動員学徒として働いていた河合楽器の工場も爆撃に遭い、6名の方が犠牲となりました。
4月30日は、6名の先輩の命日なのです。

そして、それから1ヶ月と経たない1945年5月19日、
鈴木織機の工場も爆撃に遭い、23名の動員学徒の方が命を落としたのでした。

動員学徒29名並びに引率教員1名が犠牲となった4月30日と5月19日。
西遠では、この悲しい歴史を忘れまいと、戦後「愛の灯」像を建立しました。
そして、毎年5月に「殉難学徒慰霊式」を催しています。
今年も、高校生徒会執行部が慰霊式の準備を行っています。



全校生徒がこの慰霊式を前に書く「平和の作文」。
入学したばかりの中学1年生も、この作文を書きます。
中1は「戦争体験者に聞く」という聞き書き作文が宿題となっています。
ご家族の方にもお願いをして、身近な戦争体験者を探してもらいました。
今日は、聞き書きのメモをもとに原稿用紙に向かっている1年生もいることでしょう。

どうしても身近に戦争体験者を見つけられなかった生徒のために、
明日はお二人の卒業生が放課後の学園にいらしてくださいます。
殉難学徒の同級生の皆さんです。
中学1年生にとって、貴重な機会となることでしょう。
戦争を若い世代に語り継いでくださる、先輩の皆様のご協力に心から感謝致します。

西遠の公式HPでは、「戦後70年ー西遠の記憶」として、
・6月17日の浜松大空襲の体験を語ってくださった大中様
・5月19日に動員学徒のお姉さまを亡くされた橋本様
・4月30日に友人を亡くされた動員学徒の吉田様と三輪様
・小学校6年生で飯田の空襲に遭われた伊藤様
の体験を掲載させていただいています。

今、1973年に発行された「浜松大空襲」という本を読んでいます。
そこにも、たくさんの方々の手記が掲載されています。
西遠の教員を務め、動員学徒付き添いも務めていた井上正幹先生の文章もあります。



掲載された文章は、どれも重く、辛いものばかりです。
最愛の方を亡くし、深い悲しみの中にいらっしゃる方々の
平和を思う強い気持ちも、悲しみや怒りと同時に伝わってきます。

歴史の年表では、1945年は、広島と長崎に原爆が落ち、そして終戦を迎えた1年ですが、
そこには本当に多くの人々の命が犠牲となっているのです。
浜松の地で、最愛のご家族や友人・隣人を亡くし、
命からがら逃げ延びた体験を持つ方々のお話を聞き、読んで、
年表では分からない「生活の場の戦争の真実」を
私たちは聞き、知り、考えていかなくてはなりません。

今年の殉難学徒慰霊式は、5月16日(火)に行われます。

| 西遠紹介 | 07:29 PM | comments (x) | trackback (x) |
生徒を見守る言葉
昨日、図書館3階での英会話の授業を見学した際、
彼女たちを見守る「言葉」を感慨深く読みました。



書家であり、長く西遠の国語の先生としてご活躍くださった大塚久世先生がご寄贈くださったものです。

「念ずれば花ひらく」

短い言葉ですが、努力や苦労があっても、諦めず、ずっと信じて頑張っていけば、花は必ず開くという、力強いメッセージを改めて感じました。
そして、この作品が展示された、先生の母娘展を訪れた時のことを思い出していました。
ちょうど、今の高校1年生が中学1年生の時のことでした。
2014年夏のブログを読み返し、あの1年生たちがもう高校1年か、としみじみ思ったりしています。
夏の日、母娘展の会場で、久世先生のたくさんの作品を拝見し、その力強いメッセージを全身で感じたのでした。

書には、絵画とはまた違った魅力があります。
まっすぐなメッセージが、胸に響きます。

「念ずれば花ひらく」
壁に掛けられたこの言葉を読み返しながら、
久世先生への感謝の気持ちと、久しぶりにお会いしたいなあという思いを強くしました。

「念ずれば花ひらく」、この言葉は、今日も図書館に学ぶ生徒たちを温かく、優しく見守っています。

| 西遠紹介 | 10:24 AM | comments (x) | trackback (x) |
楽しく、真剣に
図書館3階から賑やかな声が聞こえてきました。
階段を上がっていくと、
高校2年生の英会話の授業中です。



みんな、座席を離れて立っていますね。
教科書を持って、次々とペアを換えています。



教科書のフレーズをパートナーを換えて、練習しているのです。
みんな、どんどん動きます。




身振りも交えて。

楽しそうな授業風景です。
しかし、次の瞬間には、さっと様子が変わりました。



聞き取りのテストになったのです。
さっと席に着き、すぐにペンを走らせる高校生たち。
楽しい時は思い切り、テストになれば真剣に。
切り替えもスムーズにスピーディーに行われ、
上級生らしい授業だなと感心しました。

学園近くの民家のお庭に、今年もイペが咲きました。

鮮やかな黄色い花を、遠くから楽しませていただいています。

| 西遠紹介 | 05:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
Jr.Athlete 高校版創刊!
無料のスポーツマガジン「Jr.Athlete」の高校版がこのほど創刊されました。
記念すべき創刊号には、運動部に所属する浜松の高校生たちの中から、各種目の注目選手が紹介されています。
その中に、西遠からも一人、ドドーンと紹介されているのを発見。



高校バレーボール部主将の柴田さんです。
インタビュー部分も、なかなか彼女らしい大らかさが出ていて、楽しく読みました。
今年のバレー部は全国大会を狙って、日々精進しています。




西遠の部活生は、バレー部だけでなく、頑張り屋さんが大勢います。
ゴールデンウィークも、練習に、試合に、忙しいスケジュールの中で、青春の汗を流します。
どうぞ皆さん熱い応援をお願い致します。

| 雑感 | 02:18 PM | comments (x) | trackback (x) |
自分のペースで学ぶ時間
西遠には中学生に「Jタイム」という時間があります。
6時間目のあと、終礼を経て、30分間行われる「Jタイム」は、
自学自習の時間です。
今年からは、月曜から金曜まで週5日の体制となりました。
「Jタイム」を、集中して机に向かう毎日の習慣にして、
英数国の三教科の基礎力を着実につけ、
家庭学習にも生かしていこうと考えています。

今日は、中学1年生の「Jタイム」をのぞいてみました。
あと10分ほどで終わる時間に訪ねたのですが、みな真剣に取り組んでいました。
今日の教科は国語です。



問題を解くペースは人それぞれ。
私語をする人もいません。
自分のペースで真剣に勉強する姿がそこにはありました。



この集中力・真剣さが、家庭での学習の充実にもつながります。

廊下には、百人一首の掲示がありました。



毎月10首ずつ、こつこつと覚えます。
Eテレの「にほんごであそぼ」でも「絵合わせ百人一首」のコーナーが4月から始まっています。
小さい子に負けないように、リズムに乗って覚えていきたいですね。

東館の先の垣根には、コデマリの白い花が満開でした。



気がついたら、4月も今週で終わりです。
あっという間の一ヶ月ですね。
季節はどんどん進んでいきます。
だからこそ、日々の学習の積み重ねが、大きな成果となるのだと思います。
1年生の真剣な表情を見て、「頑張れ―!努力は嘘をつかないよ!」
と声を掛けたくなった、今日の「Jタイム」でした。

| 西遠紹介 | 07:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑