■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■最新記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■閲覧用ログイン■
現在のモード: ゲストモード
閲覧用ID:
閲覧用PW:
■投稿用ログイン■
投稿用ID:
投稿用PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■その他■

沖縄慰霊の日に
梅雨の晴れ間の今日6月23日は、沖縄慰霊の日です。
今から72年前、沖縄戦で20万人以上の住民の方々が亡くなりました。
8月6日、9日、15日と並んで、今日6月23日を忘れてはならないと思います。

今日、私はちょうど出張からの帰路、カーラジオで、慰霊式典の中継を聞くことができました。
翁長沖縄県知事の「平和宣言」に続いて行なわれたのは、高校生による詩の朗読でした。

「誓い~私達のおばあに寄せて」という詩を書き、静かに朗読したのは、宮古高校の上原愛音さんという女生徒。
西遠の生徒たちと同世代の高校生が書きあげた詩は、かなりの長編でした。
沖縄戦の悲劇を聞き、調べ、詩に昇華させた彼女の卓越した表現力に感嘆しながら、
私はラジオに耳をすましていました。

おじいやおばあが、戦争中どんな悲惨な体験をしたのかということを、自分の今朝の朝食の幸せから想像し、再び現代の沖縄に視線を戻し、沖縄戦を「脈々と流れ続ける確かな事実」として、平和を希求する思いを継承しようと誓う・・・。
彼女の一言一句を噛みしめるように読む声に引き込まれました。

詩の終盤、彼女は、「おばあ だいじょうぶだよ」「おじい だいじょうぶだよ」と語りかけました。
聞いていて、涙がこぼれそうでした。

ニュースでは、もしかしたら彼女の詩は紹介されないかもしれない、
紹介されても一部しか放映されないでしょう。
ぜひ、新聞で、インターネットで、彼女の詩の全編を読んでほしいと思います。
幸運にも私は、ラジオの中継でそれを全編聞くことができました。
平和を誓う10代の力強い詩に、心から感銘を受けました。

学校へと向かう車窓、アジサイやアガパンサスの花を見かけ、
こうして花が咲き、それを眺められることも、平和だからこそなのだと思いました。

西遠でも、戦争について調べ、平和について考える機会があります。
これは、終戦から72年が経った現代において、珍しいことなのかもしれません。
8月15日が何の日であるのかさえ知らない若者もいると聞きます。

しかし、全国には、沖縄戦の悲劇を語り継いでいこうと訴える沖縄の高校生も、
広島や長崎で原爆の悲惨さを訴える活動を継承する高校生もいます。
平和を想う若者たちが、ここにもいる…
今日は、平和の継承を力強く誓う高校生の詩に、大いに励まされました。
そして、西遠の生徒たちにも、
浜松の空襲のこと・西遠の先輩の殉難のことだけでなく、
広島・長崎・沖縄・そして世界で起こった様々な悲劇について、
しっかりと学び、考えていってほしいと、改めて思いました。




| 雑感 | 07:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
10代だからできること
先週の土曜日、1時間目は高校の講堂朝会でした。
今回のお話は「10代だからできること」。
前回の「どんな大人になりたいか」の続編です。

取り上げたのは、先日放送された「NHKスペシャル」です。
思春期のこどもたちが突然キレるのは何故なのか、
お父さんお母さん側に向けての番組でしたが、
思春期真っ盛りの生徒たちにも伝えたいこと、考えてほしいことがたくさんある番組でした。

思春期には、神経細胞の動きが活発になって、ちょっとした表情の変化にも繊細な反応をしてしまいます。
だから、大人の表情や言い方の微妙な変化を、10代の子どもたちは過剰なまでに受け止めてしまうのです。
さらに、思春期には、感情の爆発を抑制する機能は、まだ脳のなかで発達しません。
そこに、現代ならではのストレス・・・スマホ、情報の洪水、受験などによる多忙な生活・・・が加わるから、子どもたちは「キレる」方向に走ってしまうのだ、と。

ではそんなややこしい思春期が、なぜ人間にはあるのでしょうか。
その事を説明するのに、カメラが向かったのは、なんとアフリカでした。
ケニアのマサイ族が紹介されたのです。

中学2年生以上の皆さんは、去年、マサイ族のジャクソンさんの話を早川千晶さんの通訳で聞きましたよね。
その時、マサイ族には、子ども→戦士→大人→長老の4つの時代があると聞きました。
その「戦士」の時代が、番組で紹介されたのです。
もちろん、現地取材のコーディネーターは、早川千晶さんでした。
番組の最後にお名前が紹介されていましたよ!

マサイ族の若者は、集落から離れて共同生活をします。
大人になるための大事な期間です。
思春期には、感情の爆発を抑える働きが育っていないということでしたが、それは、逆に言えば、挑戦を恐れない時代であるということなのです。
マサイ族は、その思春期に、大人への試練を若者に与えるのです。
大人から借り受けた羊の群れを管理し、野生動物などから羊を守る。
村に何か起きたら、戦士として村を守る。
これが、マサイの思春期です。

思春期が人間に備わっている。
恐れに萎縮せず、チャレンジ精神に富み、前進しようとする力に満ちた時である。
そんな10代に、なにをすべきか。
可能性のいっぱい詰まった高校生に、是非考えてもらいたいと思いました。

そろそろ感想文が届く頃。
楽しみにしています。






| 西遠紹介 | 05:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
研究授業
今日は、朝からひどい雨でした。
浜松の各地で大雨による河川の増水があり、避難勧告の情報も何回も出ました。
皆様のお住まいの周辺は大丈夫でしたでしょうか?

西遠では、本日教員研修日のため、生徒たちが13時半から下校。
かなり雨のひどい時間帯となってしまいましたので、学校居残りもOKということにしました。
14時を過ぎて小降りになりましたが、お子さんはびしょ濡れになってしまったでしょうか。
明日、生徒のみなさんの状況を聞きたいと思います。

全校生徒が下校する中で、今年の研究授業に大当たりの高校1年の星組さん、一クラスだけ居残りとなりました。
今年の研究テーマは「思考力をつける」というものです。
現代文を市川先生が、数学を石川先生が担当し、
静岡大学大学院教授の山﨑保寿先生のご助言をいただきながら、
2つの授業を全校教員で見学しました。

1時間目は現代文。
ペアリーディングを取り入れ、さらに後半はグループになって、内山節さんの文章に取り組みました。




2時間目は数学。
数学も、ペアで確認したり、グループで話し合ったり、活気ある授業となりました。




西遠では、研究授業はいつも教科の枠を超えて、全校の教員が見学し、勉強します。
教科にとらわれず、学べることは多々あります。
「思考力」「判断力」は、知識を習得した後、必ず必要となってくるものです。
また、これからは「協働性」「多様性」といった力も育てていくことが重要視されています。
新しい大学入試や、21世紀の社会で必要とされる力を、西遠の6年間でどう学んで身につけていくのか、今日の2つの授業のような「協同学習」の実践も含め、先生方の真剣な取り組みが続いています。





| 西遠紹介 | 07:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
今日の卒業生
夕闇の中で、窓の外から、オオバを呼ぶ声。
カーテンを開けると、そこには、69回卒業生二人の笑顔がありました。
お世話になった先生とゆっくりお話できて、満足の帰り道。



同じ学校に通い、「双子」「姉妹」と言われているそうです…笑。
西遠にご縁のある先生もいらっしゃるということで、
西遠の絆、どんどん強まりますね!

| 西遠紹介 | 07:33 PM | comments (x) | trackback (x) |
明日は雨
【お知らせ】
明日は、西日本から東日本の太平洋側で、かなりの大雨の予報となっています。
電車やバスのダイヤの乱れも予想されますので、
朝の登校には、十分余裕をもってください。
気象情報・交通情報をご覧の上、安全に登校できますようご注意ください。
また、各ご家庭であらかじめ下校時間のご確認をよろしくお願い致します。


| お知らせ | 06:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑