グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園概要  >  西遠100年の歴史 >  1906年~1945年(戦前)


西遠100年の歴史

1906年~1945年(戦前)

1906年~1945年(戦前)の本学園の歴史をご紹介します。

1906年10月 
(明治39年)
「私立女子高等技芸学校」を浜松市平田町に設置開校 岡本欽先生校長に就任。
1911年4月 
(明治44年)
学制改正にともない「私立浜松実科高等女学校」に改称、
岡本欽先生にかわり岡本巌先生校長に就任。
1919年11月 
(大正8年)
さらに学校組織の変更にともない、校名を「浜松淑徳女学校」と改称。
1920年2月
(大正9年)
高等女学校令にもとづき普通教育をめざす「西遠高等女学校」を新たに設置開校、
岡本巌先生校長に就任。
1923年10月 
(大正12年)
西遠高等女学校の校舎を浜松市佐藤町に移転。
1932年6月
(昭和7年)
岡本巌先生西遠高等女学校長を辞任、岡本冨郎先生校長に就任。
1933年12月 
(昭和8年)
「家庭寮」建設、全人教育始める。
1934年11月 
(昭和9年)
小学校時代の旧師に対する「恩師謝恩会」始まる。
1936年7月
(昭和11年)
「修身堂」(現静思堂の前身)建設。私学西遠の道徳教育の殿堂となる。
1936年11月 
(昭和11年)
岡本巌先生の古稀をことほぎ、胸像建造。
1941年3月
(昭和16年)
学校設置者を「財団法人静岡県西遠女子学園」に変更(定員1,000名)。
1942年5月
(昭和17年)
文部省学事総合視察を受ける。
1942年6月
(昭和17年)
創立者岡本巌先生御逝去。
1944年7月
(昭和19年)
戦時非常体制下に「学徒動員令」下る。
1945年4月
(昭和20年)
動員学徒29名、教員1名空襲下に殉難散華。


開校式
開校式

裁縫授業
裁縫授業


夏服西遠高女
夏服西遠高女

家庭寮教育スタート
家庭寮教育スタート


修身堂
修身堂

学徒動員
学徒動員