グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園概要  > 戦後70年ー西遠の記憶


学園概要

戦後70年ー西遠の記憶

戦争体験者に聞く


大中香代(旧姓 河合)さんは、昭和6年5月のお生まれ。市内尾張町に育ち、元城小学校を経て、昭和18年、静岡県西遠高等女学校に入学されました。女学生時代に体験された戦争の思い出を、校長の大庭が伺いました。

昭和20年5月19日、動員学徒として通っていた工場を襲った爆撃で姉を失った橋本みつ様が、平成27年度の殉難学徒慰霊式に手記を寄せ、西遠の生徒に当時の様子を語ってくださりました。
橋本様は体調を崩されたため、当日の式典にご出席いただくことはかないませんでしたが、頂戴した原稿を校長が代読させていただきました。

高校4回卒業の伊藤かね子様は、昭和8年9月のお生まれで、終戦の時には今の飯田小学校の6年生でした。市内の渡瀬町(当時は浜名郡でした)にお住まいで、お父様は小学校の教頭先生でした。

吉田安子さん(旧姓:金原)、三輪みよ子さん(旧姓:鷹森)は、昭和4年のお生まれ。ともに、昭和17年、静岡県西遠高等女学校に入学された同級生です。女学生時代に体験された戦争の思い出を、校長の大庭が伺いました。