■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■最新記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■閲覧用ログイン■
現在のモード: ゲストモード
閲覧用ID:
閲覧用PW:
■投稿用ログイン■
投稿用ID:
投稿用PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■その他■

オーストラリア研修報告(ホーム・ファームステイ)
土曜・日曜はホームステイ、ファームステイでした。現在、シドニー時間は夜10時。ここまで何のトラブルも、ホームシックを訴えるような電話もかかってきていません。

最近では日本でもよそのお宅に泊まるといった経験はほとんどなくなりましたので、自分の家では当たり前のルールや習慣がよそのお宅では違っているといった経験はとても少なくなりました。これも異文化体験です。今回のホームステイやファームステイはその体験を通してあらためて自分の家族を見直す体験にもなっています。海外の人たちの暮らしに触れるだけでなく、当たり前だと思っていた自分の家族との日常がどれほど安心できるものなのかもきっと感じてくることでしょう。
このシドニーでのホームステイ・ファームステイは、自分のこれからの世界を広げる体験でもあると同時に、14歳、15歳の多感な子供たちに日常への感謝の気持ちに気づいてもらう貴重な機会です。


この旅行は研修ですから、ただ楽しいばかりではありません。こんなにたくさんの楽しい魅力的な経験ができる旅行であっても、生徒の一人一人からすれば、初めての海外、初めての飛行機の旅、初めての海外の学校、初めての海外の見知らぬ人との家庭生活など、どれも緊張や不安と隣り合わせです。学年のみんなと離れてのステイで、余計に日本や家族が恋しくなってくる頃です。特に語学研修に参加する生徒たちはまだ全行程の3分の1も終わっていません。それでもそれぞれに頑張っているはずです。こうしてホーム・ファームステイの2日間が終わろうとしている今、教員の元にトラブルやホームシックを訴える連絡が入らないということは、きっと複雑な思いを抱えながらも頑張っている証だと思います。日本にいる3年生の保護者の皆様、娘さんは目には見えませんが人生においてかけがえのないものを手に入れようとし、成長している最中です。どんなステイだったのか、どんな所に行ったのか、どんな話をしたのか日本に帰って聞けるのを、楽しみに待っていてください。
明日は本隊と語学研修組とに分かれます。
本隊はシドニー市内を判別研修していよいよ日本へ帰ります。
本隊から離脱する24名の生徒たちは、語学研修が始まります。
Abbotsleigh Senior Schoolという学校で2週間、現地の授業を受けたり、英語の特別授業を受けたりして過ごします。
またそれぞれに新しい体験が始まります。


| ニュース | 08:03 PM | comments (x) | trackback (x) |
学問を識る
3,4時間目に,4年生対象の「学問を識る」を開催しました。この企画は,4年生の「進路を考える月間」のプログラムの一つです。大学,大学院での学びや研究が,高校の学習とどう違うか,また,どう結びつくのかを知り,学問に対しての目的意識を持って大学進学を考えるきっかけにしてもらうことを目的として行っているものです。今年度も,大学院生,大学生あわせて5名を招いてお話していただきました。
それぞれの所属されている大学や学部,学科の内容の紹介から,留学や実験,実習のようす,学会のこと,ゼミや研究活動といった,大学,大学院でのさまざまな活動のお話し,さらに皆さんがどのように高校時代を過ごし,その中で進路を決めていったかなど,内容は多岐にわたりました。4年生はどのお話からも,多くのことが得られたのではないかと思います。


広島大学大学院教育学研究科博士課程前期 安倍成美さん。進路を決めた過程のこと,フィンランド留学のこと,そして研究活動のことなど,幅広くお話しして下さいました。


浜松医科大学医学部看護学科4年 村田早希さん。看護学科で4年間でどのように,またどのようなことを学ぶのかといったお話しや,さまざまな実習のことなど生徒に伝えて下さいました。



順天堂大学スポーツ健康科学研究科博士課程後期 三倉茜さん。一昨年に続いて来ていただきました。現在の研究テーマである「女性とスポーツ」について,動画も交えて熱く語って下さいました。


横浜国立大学経営学部情報・会計学科4年 髙林奈央さん。ゼミや卒業論文のこと,高校生にはイメージしにくい経済学,経営学,会計学の違いなどを説明して下さって,生徒の理解が深まったと思います。


静岡県立大学食品栄養科学部環境生命科学科4年 原千尋さん。食品と健康と環境の関わりを学べる数少ない学科ということで,その3つの関わりをわかりやすくお話して下さいました。



 遠くは広島,千葉,横浜からも,忙しい中,こうして時間を割いて準備をし,お話をしに来てくださったみなさん,本当にありがとうございました。
                                                (文責:米倉茂樹)

| ニュース | 05:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
オーストラリア研修報告(シドニー第3日目)
今日の研修プログラムは現地の学校訪問です。制服を着てちょっとだけ緊張した面持ちの生徒もいましたが、シドニーでのバディはどんな子だろう、仲良くなれるだろうかと期待と不安の中、現地の学校に到着しました。

Ravenswood School for Girls

ホームステイ組の生徒たちが訪れたのはRavenswoodという1901年創設の伝統校です。5歳の子供から12年生、日本でいう高校3年生まで1000人以上が在籍する私立の女子校です。迷彩服が目にとまるのではないかと思いますが、今日金曜日は放課後にガールスカウトの活動があるため、その生徒は制服ではなくこの特徴的な服装をしています。

こちらで日本語を学ぶ生徒たちがバディとして一緒に一日を過ごしてくれました。まずは自己紹介を終えると、グループごとにスクールツアー(校内見学)に出かけ、その後は校内のあちこちでモーニングティという10時のおやつを食べながら、お互いのことについて話しました。


その後は西遠の生徒からのプレゼンテーション。今年の3年生は、西遠についてプレゼンする他に「日本の今」をテーマに「ユニクロ」「百均」といった世界に大きく進出している日本の会社やMade in Japanを紹介したり、日本のCMを動画で流し、何のCMかを当てるCMクイズを行ったり、今、流行しているものを紹介するとして、日本のアイドルの紹介にDA PUMPのUSAをみんなで踊ってみるなどして盛り上がりました。USAはRavenswoodの生徒たちもすぐに覚えてくれて一体感を共有しました。



今日は特別に美術の先生から、ブーメランにオーストラリアの先住民であるアボリジニのペイントをするアボリジナルアートに挑戦させてもらいました。バディに教えてもらいながら一人一人がブーメランにドットペイントを施し、オリジナルのブーメランをお土産にすることができました。



最後は全員で記念写真を撮影。別れ際には最後まで西遠生に手を振ってくれるRavenswoodの生徒たちの姿がとても印象的でした。



そして今日からはホームステイです。ミーティングポイントでホストファミリーと会い、皆優しそうなホストファミリーにあたたかく迎えられてホームステイ先へと向かいました。この週末はホストファミリーとどんな生活をするのかとても楽しみです。


St. Patrick's College

St.Patrick's college は郊外にあり自然に囲まれた場所にあり,学校もそのような土地などを生かし,所々では野外授業を行っていました。
到着し,待っているとバスまで迎えに来てくれました。最初は不安もあり,緊張した様子でしたがバディを組むことができ,学校訪問スタートです。

先ずはバディーに学校を紹介してもらいました。日本の学校とは違うところも多く,いろいろな場所を紹介してくれていたので,良い刺激になったのではないかと思います。

校内見学の後,リズムに合わせて紙コップを使った歌を教えてもらったり,石にオーストラリアで経験したことを絵に表す活動を一緒に行いました。
異文化に触れつつ,相手との距離も少しずつ近づいてきたので生徒は楽しげに活動をしていました。

西遠からはRavenswoodにも記載がありますが,西遠の生活からいろいろな日本の流行りのもの,伝統的なものなどを紹介しました。
代表者をはじめ,苦労しながらも一生懸命相手に伝えようとする姿はいつも以上に輝いて見えました。



緊張した姿はもう見えず,お昼を楽し気に食べ,話も盛り上がっているところでしたが遂にお別れの時間がやってきてしまいました。
短い時間でいしたが,積極的にコミュニケーションをとろうとし,お互いの仲を深めることができた生徒たちを誇らしく思います。



学校訪問を終えた後,ファームステイのファミリーと会い,これから二日間過ごしていきます。
学校訪問で体験したことを活かし,さらなる成長に期待をしたいと思います。




Our Lady of Mercy School for Girlsの様子については校長ブログをご覧ください。


| ニュース | 09:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
オーストラリア研修報告(シドニー第2日目)

ホテルから見える今朝の景色です。雲が多いながらも晴れ間がのぞく天気で、気温は最高気温が21℃、風もあってやや涼しめ。ただ本日訪れるブルーマウンテンの玄関口となるカトゥンバの天気予報は雨、降水確率100%。
今年はスリーシスターズが見られないどころか、散策すらできないのではと不安を抱きつつ到着してみると



素晴らしいオーストラリアの大パノラマが広がっていました。遠くの山々がユーカリのオイルの蒸発と太陽光とのプリズム作用で青く見えて、本当にきれいなブルーマウンテンを味わうことができました。





その後、現地のレンジャーガイドの皆さんと一緒に散策をして日本では見られない独特の自然の神秘と豊かさを満喫しました。




さらにブルーマウンテンを楽しむことのできるシーニックワールドへ到着。ここでは3つの乗り物に乗りました。
1つはSkyway。渓谷を渡るロープウェイです。途中から足元の床が透明になる仕掛けになっています。

足元が透明に


2つ目はRailway。これは炭鉱だった当時の運搬用トロッコを改良し、ユーカリの茂る森から恐竜が出てきそうな時代の大きなシダ植物が生い茂る森へと運び、ギネスブックにも乗るほどの急傾斜を下る乗り物です。なかなかのスリルです。(発車を待つ杉山先生がちょっと緊張気味です。)



そのあと原生林の中をガイドさんの説明を聞きながら歩き、最後はCablewayに乗ってバスの待つセントラルステーションに戻ります。



別隊(藤組・月組)

藤組・月組についても行き先は同じなのですが、まわる順番が菊組とは異なり、最初にシーニックワールドのRailwayで太古の原生林を散策、Cablewayでセントラルステーションに戻り、渓谷を渡るSkywayへ。Skywayを降りたところでレンジャーガイドさんと出会い、スリーシスターズが間近に見えるエコーポイントまでの散策を楽しみました。


藤組・月組は乗り物から見る景色は天気に恵まれて最高でしたが、山歩きを終えてエコーポイントに着いた頃には大分雲が立ち込めてきました。山の天気の変化の速さから我々人間は自然の中で生かされているのだということを感じることとなりました。しかし西遠の3年生のために降雨になるのを待ってくれていたような不思議な天気でした。本当に幸運でした。



午後は、FEATHERDALE WILDLIFE PARKを訪れ、オーストラリア特有の動物たちと触れ合いました。まずはコアラと写真を撮り、その後、園内を散策。ここで少し雨がパラついてきましたが、皆笑顔でウォンバットやカンガルーといったオーストラリアの動物たちとの触れ合いを楽しみました。


少しくらいの雨など気にせずグループごとに楽しく散策







2日目を終えても、体調を崩したりする生徒はおらず、むしろオーストラリアの生活に慣れて食欲も昨日よりも出てきてますます元気です。
明日は3つに分かれての学校訪問です。現地で新しい友達を作ったり、現地の学校について知ったりする貴重な体験ができることと思います。

| ニュース | 09:14 PM | comments (x) | trackback (x) |
オーストラリア研修報告(シドニー第1日目)
シドニー空港に着くと雨がパラパラと
しかし、心配された雨にはほとんど降られることなく、傘をさすこともほとんどなく過ごすことができました。
まずはオーストラリアの美しいビーチ、ボンダイビーチを訪れ浜辺を散策。写真を撮ったり波打ち際で遊んだりと楽しく過ごしました。




バスはシドニーシティへ。ダーリングハーバーにあるハーバーサイドの素敵なレストランで昼食。
この日は日本で食べたら4人前?とも思われるサーモンソテーと溢れるほどのフライドポテトをいただきました。みんなデザートまでしっかり食べてとても元気そうです。





午後はシドニー市内の定番の観光スポットを散策。まずはミセスマッコーリーズチェアを訪れ、このイスの由来をガイドさんから聞き、全員がこの幸運を呼ぶとも言われる石のイスに腰かけて写真撮影をしました。



その後、王立植物園の中を散策しながら、シドニーと言ったらこの写真という定番のフォトスポット、ハーバーブリッジとオペラハウスをバックにクラスで写真撮影。とても緑のきれいな王立植物園のシーサイドウォークを歩いてオペラハウスへ。普段あまり見慣れない角度のオペラハウスを見たり、オペラハウスに実際に入ってみたりと世界遺産を満喫。シドニーの船の玄関口であるサーキュラーキーを通ってロックス地区へと向かいました。


ロックスは初期の開拓の跡やその頃から現存する建物などが残る地域で、ガイドさんから入植の歴史を教えていただき、現地で実際に見て触れてオーストラリアを感じ、学ぶことができました。ロックスは古い町並みだけでなくそれを利用したかわいらしい路地やお店もたくさんあり、ここは最終日の市内研修でもまた来てみたいという生徒もいます。


このあと、スーパーでの買い物体験をしてホテルに入りました。慣れないプラスチック製のオーストラリア紙幣に戸惑ったり、海外で初めてセルフレジを使ったという生徒もいたりして、ここでは生活体験をすることができました。

昨夜は機内泊でしたので、昨日から長い1日を過ごしたように感じ、皆相当疲れたでしょうが、ホテルに入っても特に体調不良を訴える生徒はおらず、ビュッフェスタイルの夕食にこれはどんな味がするのか好奇心と不安が複雑に混ざり合いながらも果敢にチャレンジして楽しそうに食べていました。


明日はブルーマウンテンへ出かけます。天気がいいといいのですが
日本から晴れることを祈っていてください。


| ニュース | 08:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
中学2年生体育の授業風景
体育の授業をのぞいてみました。

≪準備運動後,縄跳びを使っての体力作り≫


現在,中学2年生は走り高跳び,走り幅跳びをおこなっています。
本日は昨日の雨で高跳び用のマットがぬれていたため,走り幅跳びだけ実施しました。








≪後半は記録も計測しました≫

まもなく,走り高跳び,走り幅跳び共に記録会を実施します。本番で一番いい記録が出せるように練習に励みましょう。

<文責:鈴木 彰文>


| ニュース | 10:57 AM | comments (x) | trackback (x) |
オーストラリア研修セントレア空港
3年生は無事セントレア空港の出発ゲートで搭乗を待っています。




大きな実りのある研修になることでしょう。
いってまいります。

| ニュース | 03:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
オーストラリアに向けて
中学3年生のオーストラリア研修旅行が始まりました。雨に降られることもなく,笑顔で南グラウンドに集合してきました。
クラスごとに荷物につけるタグを受け取ります。

忘れ物がないか最終チェック!

飛行機での長旅に備え,マスク姿も見られました。

出発式では引き締まった様子で最終注意に耳を傾けていました。


留守番の中学1年生は剣道の授業中。まずは竹刀でボールを打つ練習をしていました。再来年オーストラリアで剣道について語ることができますね。

去年シドニーを満喫した高校1年生はパソコンを使ってReadingに取り組んでいました。英語力に磨きをかけてホストファミリーとの再会を夢見ています。

3年生の皆さん Bon Voyage!
<文責 清水 愛>


| ニュース | 02:16 PM | comments (x) | trackback (x) |
いよいよ明日から
中学3年生はいよいよ明日、オーストラリア研修旅行へ出発します。

土曜日には様々な場面での整列の順番を確認し、


学校訪問で発表するダンスの練習も行いました。



今日の午後は、学年集会で教頭先生、学年主任からお話を聞き、クラスで最後の確認をしました。


クラス担任からのお話も、栞にしっかり書き込みます。




個人の旅行とは違う、研修旅行だからこその楽しみを感じ、日本とは異なる文化や自然に触れる中で、様々な体験をし、素敵な思い出をたくさん作ってきてほしいと願っています。
文責 鈴木千明



| ニュース | 04:16 PM | comments (x) | trackback (x) |
オーケストラ部 静岡県高等学校文化連盟器楽管弦楽演奏会に出演
いよいよ浜松国際ピアノコンクールもアクトシティ浜松にて第一次予選が始まりました。3年に一度開催され今年は記念すべき第10回大会、さらに恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」の影響もあって大いに盛り上がっているようです。若く素晴らしい才能を持つピアニストたちがどんな演奏を聴かせてくれるのか楽しみですね。
さてオーケストラ部は11月4日(日)焼津市大井川文化会館ミュージコにて開催された平成30年度静岡県高等学校文化連盟器楽管弦楽専門部演奏会に出演してきました。静岡県高等学校文化連盟器楽管弦楽部は器楽管弦楽部門とギターマンドリン部門とに分かれています。
ギターマンドリン部門はコンクール形式で開催されますが、器楽管弦楽部門は各校の演奏を聴き合い、お互いの良さを認識しあうという発表会形式での演奏会となっています。オーケストラ部は軽快なロック調の「グロリア エステファン ロックス」とベートーベンの名曲「コリオラン序曲」を演奏させていただきました。 


集中してそれぞれの曲を奏で、会場から大きな拍手をいただきました。
この後にある小学校招待音楽会、全国高等学校選抜オーケストラフェスタでの演奏もよりよい演奏ができるようにみんなで頑張っていきます。
                      
                     文責 村木秀駿


| 部・クラブ活動 | 12:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑