■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■最新記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■閲覧用ログイン■
現在のモード: ゲストモード
閲覧用ID:
閲覧用PW:
■投稿用ログイン■
投稿用ID:
投稿用PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■その他■

大雨が止んで…
今朝の静岡県は、豪雨。
ちょうど通勤通学時間が雨のピークで、今日の登校は大変でした。
バス停から学校まで歩いただけで、靴もスカートもびしょぬれ、という生徒たち。
道路の冠水もあちこちで報告され、車も渋滞しました。
交通事情による遅刻も少なからずいました。

西遠は、本日から高校生が定期テスト。
今年度最初の定期テストを直撃した大雨の影響で、
本校では、1時間目の開始時間を20分遅らせ、9:00スタートでテスト(中学生は授業)を実施しました。
ほとんどの生徒がテストにもなんとか間に合い、無事定期テスト第1日目の日程をこなすことができました。

中学生は午後まで授業ですが、高校生は12時で帰宅(テスト開始を20分遅らせたので、掃除はカット)。
すっかり晴れ上がった中を、テストを終えた高校生が、傘を手に下校していきました。





さあ、明日は中学生も今年度最初の定期テストです。

☆  ☆  ☆

雨で被害が出たお宅はありませんでしたでしょうか?
地元浜松はもとより、今回の大雨で被害に遭われました各地の皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。


| 西遠紹介 | 12:41 PM | comments (x) | trackback (x) |
雨の日のお掃除は
浜松は久しぶりの雨となりました。
(これで、宇連ダムに水が少しは溜まるのかな?)
雨の日、外掃除のメンバーは一旦体育館に集合し、雨の日お掃除隊として各所に派遣されます。
今日は、皆でガラス拭き!

見よ、この集団の力!

ちょっと多すぎ(笑)。


渡り廊下の掲示板のガラスは、結構汚れています。
皆に拭いてもらって、ガラスたちもさぞ気持ちよいことでしょう。


図書館下の掲示コーナーもきれいに拭いてくれました。
ここは結構校庭からの風が入るので、こういう時に掃除してくれると大変ありがたい場所なのです。

雨の日お掃除隊、日頃できないところの美化をどうもありがとう!

| 西遠紹介 | 06:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
西遠見学DAYにぜひいらしてください!
今朝のFMラジオK-mix お元気ですかHIRO's CAFE でもお知らせいたしましたが、

6月15日(土)に、西遠見学DAYを開催します。



小学生の皆さん、西遠の授業や部活動をぜひ見学しにいらしてください。
女子校ってどんなところかな。
女子校の活発な授業の様子や、部活動の生き生きした生徒の姿を、ぜひご覧ください。
(ラジオお聴きくださった皆様ありがとうございました!)



先日、FM Halo! の新浜松駅前アップオンスタジオに、西遠のフライヤーを設置していただきました。
詳しくは、卒業生の小川綾乃さんのブログをどうぞ。
  →こちらです。
小川さん、ありがとうございます!

| お知らせ | 08:05 AM | comments (x) | trackback (x) |
五月晴れ
昨日17日は、本当に空の青さがきれいでしたね。
五月晴れの学園で、モミジの赤ちゃん(赤い羽根)を見つけました。


こちらはムラサキカタバミ。

小さい頃からこの花が好きでした。
おままごとにもよく使わせてもらった遠い過去…。

昨日は、「学園案内」に載せたい写真を撮るために、昼休み、生徒二人に協力してもらいました。
冊子(5月末日発行予定)に載せる写真には、残念ながら二人のお顔が映らないのですが、二人とも気持ちよく撮影に協力してくれました。
ありがとう!

ホントは笑顔が素敵な二人です。

2019年度の学園案内は、現在、編集の最終段階に入っております。
6月2日の中高一貫校合同フェア(えんてつホール)を皮切りに、皆様にお配り致します。
どうぞ手にとってご覧ください。
西遠の教育について、多くの皆様に知っていただきたいです。

☆  ☆  ☆


明日の朝、よろしかったらFMラジオK-mixをお聴きください!

「お元気ですか? HIRO'S CAFE」の放送は
5月19日(日)朝8時30分~8時55分 K-mixです。

なお、この放送は、放送日から1週間、ラジコ(radiko)を使ってお聴きいただけます。
→ラジコについてなど、詳しくは、5月9日のブログをご覧ください。

| 西遠紹介 | 08:44 AM | comments (x) | trackback (x) |
交通安全のために
今日は、西遠の生徒たちが、夕方のテレビニュースに登場しました。
ご覧頂けましたでしょうか?
公式ブログでもお知らせがありましたが、
本日17日夕方18:14~19:00のテレビ静岡「Live News it!」の県内ニュースで放送されました。
オオバも録画しておいたニュースを今見ました!

先日、浜松東警察署にて自転車指導警察隊「TEAM Duck'S」を委嘱された高校生徒会執行部8名。
今朝は、警察の皆さんと一緒に、西遠の正門前や六間道路で、自転車の安全な通行について街頭指導を行いました。
7時30分、TEAM Duck'Sと仲間たちが講堂前に集合し、今日の活動の指示を受けました。


背中のカルガモ。


早速、みんな配置につきました。
私は正門前の活動を取材。

生徒の安全な登校を見守ります。


自転車通学生には、説明のプリントと反射材が手渡されました。

テレビや公式ブログでは、六間道路に立って、本校生徒だけでなく一般の自転車の方に安全な運転について説明するTEAM Duck'Sの姿がありました。
テレビでは、1名名前が間違っちゃっていましたが…みんな、しっかり交通安全の役割を果たしてくれました。
TEAM Duck'Sと仲間たちの今日の働きに拍手!
皆さん、自転車も歩行者も、そして車を運転する皆さんも、どうぞ交通ルールを守って安全な社会にしていきましょう。

公式ブログはこちらからごらんください。

| 西遠紹介 | 11:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
RC交換留学生、スピーチ
浜松南ロータリークラブの交換留学生カロリーネが、
本日のRC例会でスピーチをしました。
私もお招きいただき、カロリーネの日本語スピーチを聞くことができました。



昨年8月に来日し、西遠での日々を重ねてきたカロリーネ(通称カロちゃん)は、今回の例会でのスピーチがロータリーでの最後のスピーチだそうです。
しっかり原稿も整え、聞き取りやすい日本語で、浜松まつりの思い出と浜松北高校での体験入学の3日間の思い出を、ユーモアも交えて発表しました。
北高にて、書道を体験し、「令和」と書いたその作品も最後に披露。



ロータリアンの皆様から大きな拍手をいただきました。
ロータリークラブの皆様には、本当にお世話になっております。
あと2カ月弱となる日本での生活で、カロリーネがもっともっと日本の文化や出会いを糧に成長してくれることを願います。
もちろん、カロリーネと共に紡ぐ日々を、西遠生の皆さんにも大事にしてほしいと思います。

本日は、南RCの皆様、お招きありがとうございました。

| 西遠紹介 | 04:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
平和の心を受け継ぐ ~慰霊式を終えて~
昨日の殉難学徒慰霊式は、今日の新聞各紙にも紹介していただきました。
このうち、中日新聞さんの記事は こちら から見られますので、どうぞお読みください。
毎回思いますが、新聞記者の皆さんは、短い時間の中でその式の深いところまで書いてくださり、頭が下がります。
記事を読んで、たくさんの方々に、平和への強い思いが伝わりますように。

校長室には、今、素敵な花が飾られています。

これも慰霊式の名残です。
慰霊式の舞台を飾ったたくさんの花たちは、式の後、生徒に配られたり、校内各所に飾られたりするのです。
校長室にも、おすそ分けをいただきました。
花を見て心和み、花の香に癒されます。
花もまた平和の象徴です。
「花はどこへ行った(Where have all the flowers gone?)」という反戦歌もありますね。
カタリナ・ビットというフィギュアスケーターが、戦火にさらされたサラエボを想い、この曲を冬季五輪で踊ったことを思い出します。
今日は、沖縄返還の日。
花のある幸せを、心に刻みたいものです。

昨日は、卒業生が姉妹で母校を訪ねてくれました。

オオバ含む先生数名、妹さんの大学の研究取材に協力させていただきました!
姉妹一緒に訪ねてくれるのも嬉しいですね。

ところで、今日は岩手県花巻市で「高村祭」が行われたはず。
今日は、詩人の高村光太郎が東京から花巻に疎開した日なのです。
昭和20年5月15日でした。
地元では、光太郎の死後、この日を「高村祭」として、毎年式典を行っています。

戦争は、詩人にも暗い影を落としました。
光太郎は、愛する妻の智恵子を失った後、戦争へと突き進む日本で、戦争を賛美する詩を書きました。
やがて、東京のアトリエが焼け、彼は宮澤賢治の家族を頼って、花巻へと疎開します。
戦後、戦争責任を追及された光太郎は、東京には戻らず、雪深い花巻の小さな山荘で、7年間を過ごしました。
自身の生き方を問い、世間と距離を置いた光太郎に、村人たちは「光太郎先生、光太郎先生」と本当に優しく接し、その死後もこうして光太郎を偲ぶ式を続けているのです。
光太郎を卒論で研究した私は、大学4年の5月初旬に花巻の高村山荘を訪ねましたが、偶然出会ったご老人が「光太郎先生はね」と目を細めて話す姿に、この地での光太郎への尊敬と愛を感じたのを、今も覚えています。

人の心の温かさ、他者の尊重、そして愛。
平和を貫いてゆくために最も必要なものではないでしょうか。

| 西遠紹介 | 08:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
平和の心を受け継ぐ ~殉難学徒慰霊式~
令和になって初めての「殉難学徒慰霊式」は、高校生徒会の中央補佐の司会で始まりました。
講堂全体が、ピリリと張りつめた空気です。
最初に、「献鶴」が行われ、各クラスの代表者がパネルを舞台前面の祭壇に飾りました。

舞台下の祭壇中央には、折り鶴でできたパネルの「SEIEN」の文字が浮かび上がります。

動員学徒の皆さんが歌い続けたという「力の限り」、
追悼の意味を込めて戦後作られた「愛の灯」。
二つの曲が哀切に講堂内に響きました。
私は、「愛の灯」を歌いながら、いつも作曲された故新美博義先生の歌声とお話とを思い出します。
このことはまたいつかお話しましょう。

校長として登壇した私は、公式ホームページに掲載されている「戦後70年 西遠の記憶」から3人の方の文章を紹介しました。
当時西遠の中学生だった大中さんの6月18日浜松大空襲での壮絶な体験。
4月30日の空襲で、友人を失った動員学徒のお一人、牧野さんの体験。
そして、5月19日の爆撃で、動員学徒だったお姉様を亡くされた橋本さんの体験。


こうしたお辛い体験を読み上げるたび、涙が出そうになり、必死で嗚咽しそうな自分を抑えます。
戦後74年、戦争ははるか昔のことですが、決して忘却の彼方に消し去ってはならないことです。
生徒の皆さんがこうして慰霊式を継承してくれることへの感謝の思い、
そして、講堂に飾られた花の見事さに、
西遠の生徒たちの平和への決意・心意気・底力を感じた事などをお話させてもらいました。

生徒代表の慰霊の言葉は、高校生徒会長が切々と読み上げてくれました。

10代の皆さんがこうして戦争の悲劇を二度と繰り返さないように誓ってくれることが、大人の我々には何と心強いことでしょう。

続いて、全校生徒が書いた「平和の作文」の中から、代表生3人が作文を朗読しました。


曾祖母の戦争体験を聞き書きした二階堂さん、
非核芸術について調べ、自身が感じたことを述べた大塚さん、
そして、ニュージーランドでの留学生活を終えて帰国した矢先に起こったクライストチャーチでの銃の乱射事件にショックを受けたという大脇さん。
3人の言葉はとても重く、自身と向き合いながら言葉を一つ一つ選んだだろうことが想像されました。
3人とも素晴らしい作文、そして素晴らしい発表態度でした。

毎年、この慰霊式を新聞社の方々が取材してくださいます。
明日の新聞にも紹介されることでしょう。
西遠のこうした地味であっても大事な取り組みが、多くの方の平和への思いや行動につながることを心から願います。

| 雑感 | 09:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
平和の心を受け継ぐ ~慰霊式準備~
今日は、殉難学徒慰霊式が行われました。
朝から時折激しい雨に襲われた浜松でしたが、
生徒たちは手に手に花を持って登校してくれました。



この花が慰霊式の祭壇を飾ります。


花をプランターに活ける生徒会執行部たち。


講堂の舞台を彩ります。


ステージ手前の机に置かれたプレートには、生徒たちが心を込めて折った折り鶴が貼られています。




生徒が持ち寄った花に囲まれるように、愛の灯像の絵が中央に掲げられています。


朝のうちにこうして準備された慰霊式のステージ。
4時間目に式が始まります。  

         つづく

| 西遠紹介 | 06:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
卒業生訪問
例年なら、ゴールデンウィークの帰省の際に母校にちょっと顔を出してくれる、という卒業生も、
今年はどーんと10連休だったために、西遠でも、卒業生の母校訪問はほとんどありませんでした。
そんなゴールデンウィークもいつしか過ぎ去った今日、
4人の卒業生が、忙しい大学の勉強の合間を縫って、母校を訪ねてくれました。



4人は、学年こそ違え、浜松医科大学の医学科に通って共に医師を目指す仲間です。
今、浜松医科大学の医学部医学科には、5名の西遠卒業生が通っています。
今日は、実習中で来られなかった5年の一人を除いて、4名が母校に集ってくれました。

女子の医学部進学は、昨年度大きくニュースでも取り上げられました。
そんな中、医学の道に進み「未来を拓く女性」たちは、彼女たちを筆頭にたくさんいます。
実際に、浜松医大を卒業した先輩西遠生の懐かしい名前も彼女たちのお話の中に出てきました。

4人には、5月末日完成予定の「学園案内」にもご登場いただく予定です。
発行をどうぞお楽しみに!


| 西遠紹介 | 06:54 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑